コレステロールについて|LDLコレステロールの数値を抑えよう/リピトールで高脂血症治療

LDLコレステロールの数値を抑えよう/リピトールで高脂血症治療

処方箋とブリスター

コレステロールについて

よく「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」という言葉を聞くと思います。
みなさんはこの2つがふだん体内でどういったはたらきをしているかご存知でしょうか。
悪玉コレステロールはいけないものだ、という認識を強く持っている人も多いですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

善玉コレステロールも悪玉コレステロールも、元は同じコレステロールです。
コレステロールは体に悪影響を与える物質だと思っている人も大勢いますが、実は私たちにとって、本来必要不可欠な物質なのです。
コレステロールのはたらきとして主となっているのが「細胞膜の生成」「神経の保護」「ホルモンの生成」です。
どれも人体にとって重要なことで、コレステロールはこの重要な役割の一端を担っているのです。

では、なぜ善玉と悪玉というように呼び方が変わってしまうのでしょうか。
脂質とタンパク質が結合して血液に溶け込んでいるリポタンパク質ですが、これはコレステロールの運び役として活躍しています。
リポタンパク質にはLDLとHDLがあり、それぞれに含まれているコレステロールを「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」と呼んでいるのです。
HDLコレステロールは、血管内からコレステロールを除去するはたらきがあるため、動脈硬化の予防にも効果的です。
良いはたらきをしてくれることから、一般的に善玉コレステロールと呼ばれています。
では、LDLコレステロールは身体に悪影響を与えるから悪玉コレステロールなのでしょうか。
実はそういうわけではなく、LDLコレステロールも人体に欠かせない存在です。
肝臓でつくられたコレステロールを全身に運ぶはたらきがあるため、なくてはいけないものです。
しかし、問題となるのは、LDLコレステロールが多くなりすぎた場合です。
過剰に増えてしまうと酸化し、動脈内に蓄積してしまうのです。
その結果、血流を悪化させ、血栓の原因になってしまうことも…。
このように、過剰になりすぎることで悪影響を与えることから、悪玉コレステロールと呼ばれるようになったのです。