リピトールの効果|LDLコレステロールの数値を抑えよう/リピトールで高脂血症治療

LDLコレステロールの数値を抑えよう/リピトールで高脂血症治療

白いカプセルの山

リピトールの効果

リピトールは2000年から発売されている高脂血症治療薬で、体内のLDLコレステロールを減少させるはたらきを持っています。
LDLコレステロールの増加による高コレステロール血症を患った患者を治療するための医薬品です。
LDLコレステロールを減少させるだけではなく、HDLコレステロールの増加や中性脂肪の減少効果もありますよ。
スタチン系と呼ばれる医薬品なのですが、その中でも効き目が強力なことからストロングスタチンと分類されています。
HDLコレステロールの増加と中性脂肪の減少に関しては補助的な効果として作用する程度なのでそこまで大きな期待はできませんが、LDLコレステロールの減少に関してはこのうえない効果を発揮してくれるのです。
日本だけでなく、世界的にもよく使用されており、名実ともに優れた高脂血症治療薬となっています。

リピトール自体は高コレステロール血症の治療に用いられますが、この高コレステロール血症を治療することにより、実質脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。
血管が詰まることで起こるこれらの症状ですが、高コレステロール血症も血管を詰まらせる原因のひとつなのです。
脳梗塞や心筋梗塞は命にも関わる重度な症状ですので、これに関してはたいへんありがたいのですが、リピトールを服用することで副作用が生じる可能性もあることは理解しておきましょう。

どんな医薬品を服用するにしても副作用が起こる可能性はあり、リピトールの場合は胃の不快感や不眠、下痢など数々の副作用が報告されています。
ただ、副作用発生率は非常に低く、発症したとしても一時的な症状となっていることが多いので安心してください。